FC2ブログ

第2回モニターアンケート回答 ~Yさんの場合~

2011.05.30.Mon.23:54
こんばんは。毎日連載でモニターさんからの回答を御紹介しておりますが
いよいよ残りは、あと3名様からの回答となりました。

今日は、兵庫県加古川市在住 Y様 40代前半(モニターAセット御購入)
からのご回答を紹介いたします。

uresii

① 一回の月経あたりで布ナプキンを使用する頻度

   一部布ナプキン
   1日~2日目の特に多い日だけ紙ナプキンにしています。
   3日~は、外出の時も布ナプキンです。
 
   
② 布ナプキンを使い始めて、前回のアンケート時(3ヶ月前)と比べて
   ご自身の体調に何か変化がありましたか?


  特に変化は感じられない。  

③ 布ナプにまつわる、ご自身の失敗談がありましたら教えて下さい。
  
  (虹色)さんに教えてもらった布を2つ折りにして厚くしていた所
   レースにはさんでいない事をわすれていて トイレに落ちてしまった事(やっぱり
   してしまった。)
   厚めに折ると自転車に乗る時 何か乗りにくいような・・気がします。(私だけかな?)


    他の人にもわかりやすいよう 少し解説を加えますと・・

    私がYさんにお伝えした “布を2つ折にして・・” とは、

    『量が多い日には、布ナプキンの“大きさ”ではなく、“厚み”が必要なので
     三つ折りにしたハンカチ型を 更に縦にも半分に折って分厚くすれば
     長持ちしますよ~ 
     (例えば、虹色ミシンのハンカチ型(3枚生地)を三つ折りにすると
      厚みは生地9枚分、更にそれを縦に半分に折ることで
      生地18枚分の厚みになるわけです)
     こうするとちょっと小さいですけれど、ずれることさえなければ
     意外とこれくらいの大きさがあれば大丈夫ですよ~』

    というものでした。

    こうするともちろん・・・ゴワゴワします。(苦笑)
    自転車に乗る場合、サドルがあるのでゴワゴワ感がもっと気になりますよね。
    動きも増すので、小さいとずれて的を外す可能性も高くなります。
    そんな場合は、三つ折りにしたハンカチ型を2枚重ねて
    使うのがおすすめです
    生地9枚分の厚み x2 = 生地18枚分の厚み
    
    このようにしても もちろんゴワゴワは、します。生地を重ねれば重ねるほど・・
    でも、それは天然素材の生地で、吸収力を増すためには
    生地をたくさん使うしかなく、仕方のないこと。。
    と私は思っています。    by 虹色ミシン


④ ご自身にとって、一回の月経を過ごすにあたり、
  これだけあれば必要十分だと思う布ナプキンの量は?


  防水ホルダー(3~4マイは必ず) 
  ハンカチ型(8マイ) 
  ライナー (2マイ) 
  紙ナプキン(夜用2マイ 昼用5~6マイ)


⑤ 布ナプキンを洗う際、洗浄剤は何を使っていますか?
  また、布ナプを洗うのに一番お気に入りの洗浄剤とその理由
  
  
  アルカリウォッシュ

    これも皆さん用に少々説明加えますと・・
    アルカリウォッシュとは、「地の塩社」製の セスキ炭酸ソーダ の商品名です。
    ちなみに、セスキ炭酸ソーダは 百均にも置いています。
    (でも、百均のセスキは私自身使ったことがないので 
     使用感等はお伝えすることが出来ないのですが・・)

    セスキ炭酸ソーダは、重曹よりもアルカリ性が強く、
    炭酸塩よりもアルカリ性が弱い その中間の無機物です。
    ↑アルカリウォッシュ商品説明より引用してます・・(笑) by 虹色ミシン
    

⑥ 最後に・・虹色ミシンへのメッセージをよろしくお願いします。

 気になっていた布ナプの世界に入り込めて快適にすごせたのは
 本当に良かったと思ってます。
 (虹色)さんとの出会いに感謝しております。


    こちらこそ、Yさんとの出会いはもちろん・・「布ナプ、試してみよう!」と
    思っていただいたこと、それ以来 快適に使っていると・・また、それを
    私に伝えていただいたこと・・ とても嬉しく感謝しています。m(__)m
    Y様からのご回答の 最後のメッセージの一部は、私信ととらえて
    公表は控えさせていただきました(^^ゞ
    嬉しいメッセージをありがとうございますm(__)m


uresii

ちょっと私のコメント(赤色部分)が多くなってしまいましたが・・(^^ゞ

Y様、お忙しい中ご回答をお寄せいただき ありがとうございました。

Y様の 第1回アンケート時の回答は、こちらです → 
« Prev | HOME | Next »