スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

&オーガニックシリーズ ~Soeur限定版~ 11月号

2011.11.03.Thu.23:26
2011年も 早くも11月。
私にとっては、今年に入って2回目の
怒涛のイベント月間です。
一年本当に早いけれど、、、もう少しで私の大好きな冬がやってきます。

* * * * *

11月号の &オーガニックシリーズ Soeur限定版が
まもなく Handmade & zakka Soeur店頭にお目見えです。

(あれっ10月号は・・?・・・って、聞かないのっ!)

満を持して今回登場する限定生地は・・・

SILK そうです、絹です。

絹&オーガニックコットン

このシルク地は、今年の夏に日暮里の繊維街を訪れた際に
見つけたもの。 ずっと探していたのです、私にも手の届く
シルクのはぎれを。 あったー!!!と、見つけた瞬間
Soeur限定版採用決定、形になるのにずいぶんかかりましたけどね(苦笑)

入手したシルクのはぎれが ごく少量だったため
今回 この絹の限定版には、セットはありません。
そして、ライナーとハンカチ型 少量ずつの納品となります。

 ------------

絹の生地を布ナプキンとして使ったことがなかったので
まず、自分自身が試すことから始めました。

とても薄く繊細なシルクの生地。
(たとえて言うなら ティッシュペーパーと同じくらいの薄さ・透け具合です)

以下は、私自身の実験結果。
(私個人の感想ですので、“ご参考”ということでお願いしますね)

・生地が薄いし、吸収力がなくペタペタするのでは?

 この薄さの割には、意外なほど吸収性はよかった。
 (厚みのあるネルとは比べ物にはなりませんが。
  あくまでも“この薄さの割には” です。)
 
 ペタペタと・・・しないんです。
 ポリエステルが水に濡れた時のようなことを想像してましたが、
 全く違います。
 湿気を放出してくれるのでしょう。
 すごいなぁ~天然繊維なんだ!と実感しました。


・洗濯が難しいのでは?

 私も最初、とても心配でした。
 『こんなに薄いし、絹は蛋白質だから、石鹸水に漬け置きしたら
  朝になったら生地ごと分解されて溶けて無くなってるんちゃうか・・』
 と思っていました(笑)
 
 ・・・大丈夫でした。(笑)

 シ○ボン玉せっけんの洗濯用粉石けんの「洗えるもの」の欄に
 “絹” と書いているんです。
 廃油石鹸や、アルカリ助剤入り石鹸(○ープの 米ぬかせっけん)
 でも試してみましたが、どれも大丈夫でした


絹の布ナプキン、、、試してみたかった!
という方、ぜひお試しあれ。

生地がとても繊細で薄手なので
縫い目の少なさ・肌への密着度の高さ を優先して
ライナーとハンカチ型のみご用意しています。

絹の面と、オーガニックコットンの面。
リバーシブルでどちらの面も使用していただけますので
お好みに合わせ、お好きな面を肌側にしてご使用下さい。

*11/6(日)の 冬色マルシェ 虹色ミシンブースでも
 ごくわずかですが (1 or 2)
 ライナー・ハンカチ型 とも店頭に並びます。
 ご希望の方は、お早めにいらして下さいね。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。