FC2ブログ

ネルドリップ用コーヒーフィルター

2011.01.14.Fri.20:09
『粗挽きネルドリップコーヒー』というフレーズに聞き覚えのある人は
多いと思います。私もそうでした。
でも、つい最近までその意味は理解していませんでした。
そう、布ナプキンでネル生地を取り扱うようになるまでは。(笑)

実は私がコーヒーを飲めるようになったのは、
社会人になってから。
子供の頃から、“コーヒー味の・・”とか“コーヒー豆のいい香り”は
大好きだったのですが、なぜかコーヒーはヘビーに感じて飲めなかったのです。
社会人になると、いやでも身近にコーヒーがある機会が多くなったので
そんなことは言っていられなくなり、そのうちだんだん飲めるようになりました。
そんな状態なので、コーヒーにあまり興味がなかったからかもしれません。

布ナプキンを作るためにネル生地を自分が扱うようになり、
それまでただの音声でしかなかったこのフレーズが
「・・ペーパードリップ、、、ネルドリップ!
 はっは~ん、ネルドリップの “ネル” とは、
 このネル生地のことだったのか」
とやっと把握できたのでした。

そのうちネルドリップにチャレンジしてみようと思いながら
ついついのびのびに・・でも、
先日のイベントに出展するにあたって、
「そうだ!いい機会だからネルフィルターをほんとに作ってみよう」
と、やっと実行に移しました。

ネットでネルドリップのことを調べると
ワイヤーにネルフィルターが掛けられているだけという
単純なつくりですが、「ワイヤーがない・・」

それで、とにかく今家にあるペーパードリップ用のホルダーで
代用してみるか。。と、初めてのネルドリップを体験してみたのです。
試作品は、自分用ですから直線ミシンで簡単に縫っただけ。
端の始末もピンキングばさみで処理し、
早速試してみました。
生地は、ナチュラルシリーズと同じ無漂白・無蛍光のもの。
(もしおいしくなかったらもったいないし・・とオーガニックコットンは
使いませんでした(笑))


そしたら・・・美味しかったんです、とても

ペーパーからネルに変えただけで、何も変えてないのに
こんなに味が変わるのか、と驚きました。
お水もいつもの水道水を沸かしたものですし、
コーヒー豆も手持ちのペーパードリップ用のものをそのまま使ったのに。

それで、これならイベントにネルフィルターを持っていっても
大丈夫だ!と安心して持っていったのでした。
今回はフィルターは結局売れなかったですが(^^ゞ

どう美味しいの?というと、

「味がワイルドになった感じ。
 コーヒーそのままのコクと香りがダイレクトに抽出されてるような。
 それなのに・・なぜか、マイルドになっているみたい。。」

と、これが私の感想です。


ネルドリップコーヒーの味を熱く語りすぎ、
大変前置きが長くなってしまいましたが
今回はこのネルドリップ用コーヒーフィルターを紹介いたします。
(こちらは、端をロックミシンで処理しています)


------------------------

ネルドリップ用コーヒーフィルター
生地:無漂白・無蛍光綿100%ネル
糸:ポリエステル100%
ネルドリップ用コーヒーフィルター


<使用方法> 
ペーパードリップ用のフィルターホルダーにセットして使います。
大きさは、2~4人分用です。

①まず、使用前に沸騰させた湯で一度フィルターを煮ます。
 この時、湯にコーヒー豆を少量入れると最初の一杯から
 コーヒーの香りをしっかりと楽しめます。
②コーヒーをフィルターに適量入れて、沸騰した湯を
 なるべく低い位置からゆっくりと渦を描くように注ぎます。
 この時、コーヒー豆全体を蒸らすように。モコモコと表面が
 全体的に盛り上がってきたら、いったん注ぐのをやめます。
 表面が沈んできたら再び注ぎ始め、これを適量まで繰り返します。
 湯を注ぐ時は、ネルフィルターに直接湯がかからないようにします。
ネルドリップ
③使用後のフィルターは、きれいに洗ったら湿った状態で
 冷蔵庫に入れて保管します。 フィルターが乾かないよう、ラップで包んだり
 水を張った容器につけておくなど、常に湿った状態にしておくことが大切です。
 フィルターを湿らせておく水は、毎日換えるようにします。
使用後
④フィルターの換え時は、フィルター全体がコーヒーで黒ずんできた時が目安です。

~飲み終わった後のコーヒー豆殻の利用法~
 ・いったんよく乾かし、袋やビンに詰めて消臭剤として。
 ・庭の植物に肥料として。 根元を避け、土とよく混ぜるようにします。
コーヒー豆殻


-------------------------------

ネルフィルターに、上記と全く同じ説明書を同封しています。


この、“水を毎日換える”というのが面倒だなぁと感じませんか?
それで、私はこのネルフィルターを使うようになってから
毎日コーヒーを飲むようになりました。(笑)
毎日飲むと毎日どうせフィルターを洗うから
いちいち水を換える必要はないね・・と、決してそれだけではありませんが
以前のコーヒーより、飲みやすく感じるんです。
コーヒーの味はダイレクトに伝わってくるのに、でも、まろやかだというか

使い終わった後は、私はずぼらなので
フィルターを裏返して食品トレーの容器の上に豆殻をあけ、
そのまま丸一日程度ほったらかしにしておけば、もう乾燥しています。
消臭剤代わりになるらしいので(よく喫茶店の灰皿にコーヒー豆殻が入っていますね!)
毎日ビンに溜めて、冷蔵庫のキムコ代わりにしようと思っています。
・・炭と同じようなものなのでしょうかね。

植物の肥料に・・は、昔、鉢植えの土の上にコーヒー豆をあけていたら、
そのうち、だんだん土に水がしみこまなくなってしまい困りました。
今回調べ直すと、肥料にする場合は 植物の根元を避けて
その周囲の土とよく混ぜ合わせて発酵を促すようにするのだそうです。


豆殻まみれになったフィルターは、
特に洗剤など使わず、流水で洗うだけです。
結局、排水溝のゴミ受けをまた掃除しないといけませんが(笑)
で、水に濡れている状態のまま、しぼらずそのままラッピング。
そのまま冷蔵庫にポン。
そしたら、あとはその都度②③の繰り返しです。


ちなみに、写真のフィルターは今で使い始めて10日ほどの状態です。
一ヶ月くらいは使えるかな・・??

このフィルターが使えなくなったら
次は是非、オーガニックコットンネルで試してみたいと思います。
はてさて味は変わるでしょうか・・・またレポートします

スポンサーサイト



コメント

管理者のみに表示