FC2ブログ

神戸手作り市 in 六甲アイランド レポート

2011.01.31.Mon.12:57
1/29(土)、『神戸手作り市 in 六甲アイランド』に出展致しました。

当日朝は、ちょっぴり遠出(とは言えない!?(笑))の一人運転で会場入り。
途中道を間違えやしないかととっても心配でしたが
全面的にナビに頼りきり、何とか無事に現地に到着。

今回の会場は屋内、ミニブースでの出展で、
机&イスも主催者さんからレンタルできたため
とっても荷物はコンパクトにまとまり、コロコロショッピングカートと
バスケットひとつというお手軽さ。
お釣りも、何も3万円分も用意しなくても全~然大丈夫なんだと理解し(笑)
いるもの・いらないものを取捨選択して
必要最小限に現地入りすることが出来ました。
荷物は小さいに限ります。旅行と同じですね

そんな会場の様子は、こんな感じの天井の高いドーム型の広々とした空間↓
六アイrink
どんな雰囲気かな?とドキドキワクワクしながら会場入りしましたが、
予想通り、幅広い地域から幅広い分野・年齢層の方からの出展内容で
先日の「ほっこり展」とは、また全然違って新鮮です

顔なじみの人もおらず、ややこわばった面持ちでディスプレイを始めましたが
時間が経つにつれ徐々にお近くのブースさんとも
時々お話しなど交えながらの和気あいあいとした雰囲気に。
これもまた手作りイベントに参加する大きな魅力のひとつです。

そして、今回の私のちっちゃなブースの様子はこんな感じ
こちらの手作り市では出展内容が自作の手作り品のみに限られているため
今回はバケツやアルカリウォッシュは出品せず、
新しくラインナップした数点の品目も加え、小ぶりのブース内容です
六アイマイブース
実は、今回並べていた中に、昨年から密かにあたためていた
新しい商品郡がありました。
具体的なデザイン(デザイン・・ってほどでもないけど(苦笑)
の案が浮かばず、ギリギリまでずーっと悩んでいたのですが
やっとイベント直前(前日!)によい案が浮かび
何とか当日顔見せすることが出来ました(笑)
・・・なので、事前にブログ記事にアップ間に合わなかったのです・・・
そちらは改めて、数日内にまた別記事でUPしたいと思います

この度の出展は、地元からやや離れた神戸ということもあり
少々の心細さも持ち合わせながら、内心「孤軍奮闘」のような
心情で家を出発したのですが、当日の出展中に
思いもかけず嬉しい出来事がありました。

それは、
『出展者一覧で“布ナプキン”というのを見て、これは絶対に立ち寄らなくては!と
 思って来たの~!』
『布ナプキン、前から使ってみたいな~と思っていたんです。
 今日偶然寄り道してよかったですー』
など、嬉しいメッセージを添えていただいたこと
布ナプキン屋になって ・・まだ全然なりきれてはないけど・・(苦笑) よかったと本当に嬉しかったです。

私は元々縫製に携わる仕事をしていたわけでも何でもなく、
子供の頃から今までずっと 「縫製などの経験は?」というと、
“こんな巾着がほしいな”“通勤用にこんな感じのリュックほしいな”
“スケート靴入れる靴バッグ、自分でこんなの作ってみたいな”
と、ほんとにまれにその時々自分のほしいもの・作りたいものだけを
時々作ってきただけ・・。
布ナプキンを作り始めたきっかけも、最初は、自分がほしかったから。。
だけど、実際に使ってみてその心地良さに驚き感動し、
そこから こんな風にしてみたらどうだろう、ここはこうやってみたら・・?と
それが虹色ミシンの原点なのです。
だから、これからも気まぐれにその時々色んなものも作っていくけれども
『布ナプキン』これは、どんなに枝葉が広がっても揺らぐことない大切な根幹。
私を救ってくれた布ナプキンをずっと大切にしていきたいのです。

それで、このようにわざわざ私に温かく声をかけていただいたことが
本当に嬉しかったです。これからも頑張ります

虹色ミシンのブースに立ち寄っていただいた方
布ナプキンに興味を示し、関心を持っていただいた方
和やかに一日一緒に過ごしていただいた近隣ブースの方々
そして、イベントを主催してくださったアルテフェスタ実行委員会の皆様
お世話になり、ありがとうございました。

(アルテフェスタの皆様、搬入の際はスムーズに御案内いただき、
 会場に着くと既にブーススペースには、すぐそのまま使えるように
 机とイスもあらかじめセットいただいており、本当に楽でした。
 どうもありがとうございました。)


     *arigatou*
スポンサーサイト



コメント

管理者のみに表示